About

一般社団法人 Do It Yourselfは,

社会課題に関する取り組みに,

人々が関わる機会やしくみを,

研究・提案・実践支援す.

 

人々を社会課題への関心により,

3つに分類東(2021)).

無関心層:関心の低い人

関心層:関心はあるが行動はしていない人

関与層:活動や意思決定に関わっている人

 

対象に応じて2つのアプローチを用いることで,

「ふつうの人」にも「きっかけ」や「関わりしろ」投げかることを,

提案/実践します.

①問いかけ:アンケート調査を活用するコミュニケーション

②楽しむ:ゲームのメカニズムを用いるゲーミフィケーション


Service

DIYを促すための開発(自主事業)

・自治会町内会による地区課題アンケート調査

 (防災活動,猫問題への対応)

・自治会町内会による住民コミュニケーション

 (広報紙やHP,退会抑止策)

・農地,林地,公共交通の地域将来像から

 今を考える,フューチャーデザイン

 (普段は参加しない人も巻き込む

ゲーム限界都市

・地域探検ゲームづくり

 (授業と実践歴史資源活用

・「スマホでポーカーラリー」づくり

 (地域資源,サイクリング,防災など)

減災教室WEB版(無料,データ収集版あり)

・減災教室印刷版(PDF無料,印刷実費提供)

減災教室トランプ&ビンゴ(かるたも可)

人々に気づきと前向きな動きを促すための開発(投資的事業)

雨量計をつくろう(キット販売,講座支援

・継続都市(予想どおり消滅しないワケ) 

・戦災軽減ゲーム(戦前/中/後に分けた無理ゲーの体験)

DIYを促すための相談/講座/授業/講演

①アンケートを活かす取り組みの紹介や体験

②ゲーミフィケーションの紹介や体験


Status

開発パイプライン ※製薬会社の株主向け資料「新薬パイプライン」を参考


受賞

2020年:マニフェスト大賞

 (優秀コミュニケーション戦略賞)

 「ゲーム限界都市」

2017年:国土技術開発賞(国土交通大臣表彰)

 「減災教室」

 

 発表

2019年,2021年

 ぼうさいこくたい(内閣府)出展

2020年,2021年

 地区防災計画学会(査読,報告)

2021年

 京都SDGsゲームショウ 出展