防災・減災に自分たちで

紙やアプリから体験型まで「減災教室」


防災・減災の活動に使えそうな資料

 学校や地域で活動したいと思うけど、「自分が詳しくならないと・・・」。「資料を作っても何が正しいかって批判や議論に巻き込まれるのはチョット・・・」。皆さんに、自分や自分たちのために行動してほしいので、知識習得をしなくてもできるように、資料作りの手間と、批判対象を引き受けます!

※印刷やプロジェクターで使えるサイズのデータを用意しました。ご活用ください。


課題把握から始める、地区の決めごとや活動づくり

 立派な計画や活動は、意識の高い人が課題を共有できていれば、つくることができます。しかし、計画の実効化など、普通の人々に参加や行動が求められる段階では、どうでしょうか。計画が形骸化したり、活動が孤立したものにならないよう、より多くの人が課題共有する所から始めるお手伝いをします。また、意外と軽視されている、「その活動がどんな課題にどう役立つのか、どの段階で、どれくらい役に立つのか」といった視点があります。自分たちができていることでも、周囲の人ができていないことは多いですから、課題は尽きないはずです。課題把握を起点に、成果志向の活動を実現し、支持や協力を獲得することをお手伝いします。