形だけの自主防災を、少しずつ自主に

自主防災組織(率)を維持するため、自治会や町内会の役員が名前だけ記載して行政に提出することは、研究調査や実践の現場で、いつも課題に挙がります。被災経験を持たない地域が多く、どうしても他人事と感じてしまう中で、「形だけではダメ」と言うだけでは、なかなか事は進みません。


本当に自主が必要?

 自治会町内会、あるいは防災組織によるアンケート調査を推奨しています。共通の設問に、地区オリジナルの課題に関する設問を組み合わせます。現状を把握すると、行政には期待できず、「自主」で備えておきたい事が、明らかになってきます。調査結果を全戸配布して共有することが、防災活動への賛同や協力を獲得していく上で重要です。

 また、地域の役職者には、もとより認識している課題がありますから、その課題を確認する設問を盛り込み、課題対応の根拠となるデータを得ることができます。地区として周知したい情報を、設問に盛り込むことで、情報コミュニケーションの機能も果たせます。


どうすば自主に変化?

  • 自主は必要だとわかるけど…。
  • 自治会長や町内会長が毎年変わるのに、防災訓練の内容を変えるのは…。
  • そもそも高齢者が多くて、防災を「自ら」という状況には無くて…。

 


どうやるかを提案し、お手伝いしています。