防災・減災に自分たちで取り組む

減災力テストによる課題把握

 防災に詳しくなくても、ある程度の自分の課題がわかります。無償提供していますので、地域や学校で、是非ご活用ください(編著:岐阜大学教授髙木朗義、企画:一般社団法人Do It Yourself)

ダウンロード
初級Q1~20は、この面だけで使用できます。A3カラー(A4用紙でも使用可能)
20170701高画質印刷用(表).pdf
PDFファイル 12.9 MB
ダウンロード
グラフによる解説や、中級の設問を記したページです。A3カラー(A4用紙でも使用可能)
20170701高画質印刷用(裏).pdf
PDFファイル 75.3 MB

課題解決の取り組みができる「減災教室」

 ジュニアリーダーや子ども会、PTA、、小中高等学校、自主防災組織、自治会町内会などの団体や組織で、楽しめる/意義のある魅力的メニューが実践できるよう、体験を交えたセミナーを提供します。


アプリ「減災教室」WEB版

 個人でも、学校や会社、自主防災などの団体や組織でも利用できます。

 何ができていないか、何に取り組めば良いかがわかり、取り組みの選択肢や資料も入手できます。

There is also an English version.

画像をクリック(タップ)するとスタート画面に移ります。→→

ダウンロード
使い方を図説した15枚のスライドです。
WEBアプリ減災教室の使い方.pdf
PDFファイル 2.3 MB

アプリ「減災教室」

iOS&Android版

 いつも持ち歩く携帯電話を用いて、課題把握から実行期限の設定(お知らせ機能)まで、防災・減災の取り組みを各自で進めることができます。

 時間を合わせて防災に取り組むことが難しい組織でも、各自の状況を定期的に把握するなど、活用方法はいろいろあります。

There is also an English version.

ボタンをクリック(タップ)するとストア画面に移ります。【無料】


防災・減災の活動に使えそうな資料

 学校や地域で活動したいと思うけど、「自分が詳しくならないと・・・」。「資料を作っても何が正しいかって批判や議論に巻き込まれるのはチョット・・・」。皆さんに、自分や自分たちのために行動してほしいので、知識習得をしなくてもできるように、資料作りの手間と、批判対象を引き受けます!

※印刷やプロジェクターで使えるサイズのデータを用意しました。ご活用ください。


課題把握から始める、地区の決めごとや活動づくり

 立派な計画や活動は、意識の高い人が課題を共有できていれば、つくることができます。しかし、計画の実効化など、普通の人々に参加や行動が求められる段階では、どうでしょうか。計画が形骸化したり、活動が孤立したものにならないよう、より多くの人が課題共有する所から始めるお手伝いをします。また、意外と軽視されている、「その活動がどんな課題にどう役立つのか、どの段階で、どれくらい役に立つのか」といった視点があります。自分たちができていることでも、周囲の人ができていないことは多いですから、課題は尽きないはずです。課題把握を起点に、成果志向の活動を実現し、支持や協力を獲得することをお手伝いします。